就職・資格

施設・設備

NEWS&TOPICS

小児科学 リハビリテーション学科

作業療法コース1年生が、小児科学の授業で発達障害のある子の「書く」を体験しました。

 

 

苦手・不器用には5つの要因があります。

 

・ものを見る力が弱い

・両手がうまく使えない

・感覚の未発達

・力のコントロールが苦手

・身体のイメージが捉えにくい

 

 

 

これらの要因が何個も重なり、「書く」ことが苦手、嫌になってしまいます。


・非利き手でペンを持つ

・片手をあげる

・片足をあげる

ことで、両手がうまく使えない、力のコントロールが難しいことを主に体験してらいました。


 

体験した学生は、

「文字が書きにくい、支えがないから滑る」

「文字が逆になりそう」

「速く書けない」

「いつもは何気なくやっているのに集中力がすごくいる」

 

 

と話してくれました。

 

 

 

やる気や気合で苦手・不器用を克服しようとするのではなく、5つの要因が難しさを起こしていることを理解し、学生が体験を通して感じた気持ちを忘れずに、発達障害のある子に関わってもらえたらと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリテーション学科、

作業療法コースの紹介はこちら

オープンキャンパスに、お気軽にご参加ください

資料請求およびオープンキャンパスの申込はこちら

ブログTOPに戻る

IWADをもっと知りたい!

IWADは、いつでもあなたの
「知りたい!」に応えます。

「資料請求」「オープンキャンパス」を
ぜひご利用ください。

Copyright(C) IWAD All Rights Reserved.