就職・資格

施設・設備

学校紹介

プロが指導する
特別講義

  • 人間総合福祉学科長の講義1
  • 人間総合福祉学科長の講義2
日時
要相談
講義者
大塚和美(広島国際医療福祉専門学校 人間総合福祉学科長)
対象学生
広島県立A高等学校 3年生10名
講義内容
生活と福祉「ボディメカニクスの応用について」
講義形式
出前出張講義
講義概要
 今回の出前出張講義では、介護現場で介護職員が日常的に行っている生活援助の中で取り入れている「ボディメカニクス」を説明し、体験してもらいました。
 ボディメカニクスとは、『骨格や筋肉などの相互関係で起こる身体の動きのメ カニズムのことです。ボディメカニクスを応用することで、利用者・介助者双方の負担を少なくすることができます。【引用:最新 介護福祉士養成講座6 生活支援技術Ⅰ】
 最初に、立ち上がるときや座るときの体の動きを体験してもらいました。次に、路面電車やバスなどに乗るとき、どの方向に対して足を広げるのか(支持基底面積と重心の低さ)、小さい体格の介護職員が少ない力で大きい体格の利用者を動かすときのポイント(身体を小さくまとめる)などを説明し、実際に体験してもらいました。
 利用者と介護職員が、お互いに『安全で、安心した介助』の1つを体験してもらえたと思っています。

IWADをもっと知りたい!

IWADは、いつでもあなたの
「知りたい!」に応えます。

「資料請求」「オープンキャンパス」を
ぜひご利用ください。

FUKUSHI HIROSHIMA JOBチャンネル

© IWAD All Rights Reserved.