就職・資格

施設・設備

NEWS&TOPICS

リハビリテーション医学 リハビリテーション学科

 

作業療法コース1年生が、リハビリテーション医学の授業で摂食・嚥下について勉強しました。

 

 

作業療法士の仕事の1つとして食事動作の訓練を行います。

 

 

 

『摂食・嚥下』とは、テーブルの上の食事を見て、スプーンや箸を使って食べ物を口に運び、口の中で噛み、飲み込むところまでを言います。

 

 

 

学生達は、普段は意識をしていない、口腔内の働きや動きを意識しならが、口の中で噛み、飲みこみをしました。

 

 

 

 

また、いろいろな飲み物にとろみをつけて、味の違いや飲み込みやすさを体験しました。食感が違うだけで、味の感じ方が変わります。

 

 

介護食も試食しました。高齢者の場合、食事で誤嚥をすることは命に関わるので、十分な知識と配慮が大事です。

 

 

さらに、食事を楽しむというところにも気にかけていける作業療法士になって欲しいです。

 

 

リハビリテーション学科、

作業療法コースの紹介はこちら

オープンキャンパスに、お気軽にご参加ください

資料請求およびオープンキャンパスの申込はこちら

ブログTOPに戻る

IWADをもっと知りたい!

IWADは、いつでもあなたの
「知りたい!」に応えます。

「資料請求」「オープンキャンパス」を
ぜひご利用ください。

© IWAD All Rights Reserved.