園芸療法コース1年生のみでの園芸療法施設演習

投稿日: カテゴリー 園芸療法

初めて1年生だけで、施設演習に行きました

 

 

 

CIMG2871_blog

 

 

 

 2年生と一緒に演習した後なので、行く高齢者施設の様子は理解できているものの、自分たち1年生だけでプログラムを作り、演習することはドキドキ緊張していました

 

 

  CIMG2878_blog

 

 

CIMG2873_blog

 

 

 

無事、時間内に終わり、高齢者の参加者が「良いのができた」と笑顔で喜んでくれたことで、ほっとしていました

 

 

 

CIMG2880_blog

 

 

 

CIMG2874_blog

 

 

 

まだまだ1年生のみでの演習が続きますが

 

 

 

一生懸命取り組んでいきます

 

 

 

CIMG2877

 

 

 

 

園芸療法コース卒業生来校

投稿日: カテゴリー 園芸療法

園芸療法コース卒業生の、呑谷 美佐(のんたに みさ)さんが学校に顔を出してくれました

 

 

 

呑谷さんは現在、社会福祉法人三篠会 特別養護老人ホーム鈴が峰で、相談支援員として働いています。

 

 

 

介護のプロとして、介護の悩み相談や介護のコツなどを伝えているそうです。

 

 

 

P1080680

 

 

 

やりがいを持って仕事に取り組んでいるようです

 

 

 

また学校に来てくださいね

 

 

 

療法用植物の栽培授業 園芸療法コース1年生

投稿日: カテゴリー 園芸療法

園芸療法コース1年生は、療法に使える植物をタネから蒔いて育て、間引きし、追肥などの手入れをし、食したり、アレンジに使ったり、ドライにしたりと、ひとつのタネ蒔き、栽培からたくさんのプログラムを展開していくことを学びます

 

 

 

今回は、タネから育てたサラダミックスとハツカダイコンを調理して、サラダにしたり、吸い物にして食べました

 

 

 

CIMG2853

CIMG2854

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タネ蒔き・間引き・調理・食すと、ひとつのタネ蒔きから園芸療法プログラムが4回もできます

 

 

 

CIMG2856

CIMG2855

 

 

 

CIMG2857

CIMG2859

 

 

 

 

 

 

 

タネから育つ成長過程が見られ、人は植物の成長が楽しみとなり、寄り添い、希望もわきます

 

 

 

ましてや、自分の育てた物を食べることができるので、楽しみもより増えます

 

 

 

CIMG2858

CIMG2863

 

 

 

 

食べるプログラムでは、衛生面も重要であり、手洗いの徹底、調理用具の洗浄、食物の洗浄、火を通すことの重要性など学びます

 

 

 

そして実際に学生自身食べてみて、おいしさを実感

 

 

 

楽しい授業となりました

 

 

CIMG2864

 

園芸療法コース 実習報告会

投稿日: カテゴリー 園芸療法

   10月16日~11月3日までの15日間の施設実習を終えた園芸療法コース2年生が、実習報告をしました

 

 

 

CIMG2798 - blog

 

 

 

実習の内容やこの実習で学んだこと、感想を一人ひとり発表しました

 

 

 

 

CIMG2794 - blog

 

 

 

CIMG2796 - blog

 

 

 
ある学生は、認知症のある高齢者の方々とのお話や付き添いは大変なこともありましたが、関わり方を多く学べ、ていねいな口調や態度で対応することの大切さも学べました、と発表し、その実習した施設での就職を希望しているようです

 

 

 

園芸療法にも深い理解があり、「しおり作り、球根とパンジーの鉢植え、フラワーアレンジメント」などの園芸療法プログラムも実施することができたようです

 

 

 

これから卒業まで、ますます園芸療法の学びを深めて、りっぱな園芸療法士になってくださいね

 

 

 

 

 

 

CIMG2788 - blog

 

 

 

 

 

 

シェアリングネイチャーゲームに参加して

 11月19日、とても寒く、小雨も時折降る中でしたが、平和公園の中で、レクリエーション授業を受講している自然環境再生コース・有機農業実践コース・園芸療法コース・介護療法コース1,2年生がシェアリングネイチャーゲームに参加して楽しみました

 

 

 

image4

 

 

 

 

image6

 

 

 

ネイチャーゲームとは、自然に関する特別な知識がなくても、豊かな自然の持つさまざまな表情を楽しめる自然体験活動で、自然の不思議や仕組みを学び、自然と自分が一体であることに気づくことができます

 

 

 

CIMG2785

 

 

 

ネイチャーゲームの効果は、自然や環境への理解が深まり、五感によるさまざま自然体験が得られます。自然の美しさや面白さを発見できて、他者への思いやりや生命を大切にする心が育ち、感受性が高まります

 

 

 

 

image1

 

 

 

 

 

 

 

 


自然への気づき


 

 

 

image2

 

 

 

image3

 

 

 

さまざまな感覚で自然を感じ、心と体で直接自然を体験することによって、自然界のすべてのものがつながっており、自分もそのつながりの一部であることに気づくことです

 

 

 

心と体で感じたかな?

 

 

 

 

 

  


わかちあい


 

 

image7

 

 

 

 

CIMG2783

 

 

 

ともに自然を感じ、自然から得た体験や感動をわかちあおうという姿勢を大切、わかちあうことによって、お互いの自然体験が相乗的な教育効果を生み出します。

 

 

 

友とわかちあえたかな?

 

 

 

CIMG2773

 

 

 

 

 

CIMG2778

 

 

 

CIMG2781

 

 

 

CIMG2772

 

 

 

CIMG2768