園芸療法コース卒業生の活躍  第8弾

投稿日: カテゴリー NEWS&TOPICS, 園芸療法

 当校の園芸療法コース卒業生は、園芸療法士として全国で活躍しています

 

 

園芸療法士は高齢者施設、身体障がい者施設、知的障がい者施設、病院、リハビリテーションセンター等、様々な分野から就職要望が多数あり、当校卒業生が働いています

 

 

園芸療法コース卒業生の活躍する様子が知りたいという要望がありましたので、随時紹介をしていきます

 

 

第8弾は、園芸療法コースを卒業し、医療法人 せのがわ(精神科病院)に勤務する

伊藤文雄さん、平田典子さんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人 せのがわに勤務して、10年の伊藤文雄さんと8年の平田典子さんは、瀬野川病院の畑を患者さんと一緒に育てながら、園芸療法を展開しています

 

 

 

 

 

 

瀬野川病院の畑は、無農薬・有機農法です肥料は油粕と鶏糞、バーク、骨粉を混ぜた手造りで、葉物と実物では油粕と鶏糞の比率で調整します

 

 

また、冬季には牧場でいただいた牛糞を畑にまき、土作りをしています

 

 

果樹園ではクリ・ビワ・ミカン・レモンなど十種類以上、変わったものでは、昔懐かしいアケビ・ナツメなど育てています

 

 

花壇では、宿根草から一年草まで二十種類以上、琉球アサガオ、皇帝ダリアは毎年開花してくれます

 

 

畑では、スイカ、キュウリ等が二十種類以上、自然薯はムカゴから二年がかりで収穫です

 

 

HDC-303X  ExifImageTitle

 

 

 

HDC-303X  ExifImageTitle

 

 

HDC-303X  ExifImageTitle

 

 

 

池には小赤や黒メダカ、ダルマメダカ、楊貴妃メダカ、光メダカ、白メダカ等多彩です

 

 

今は芝桜が土手に咲きはじめ、チューリップが芽を伸ばしています

 

 

 

HDC-303X  ExifImageTitle

 

 

作業に参加するだけでなく見学をも推奨、「癒し」を心掛け、参加意欲を刺激するために、調理活動も積極的に取り入れています

 

 

先日は、ダイコンをすりおろして、片栗粉を混ぜて焼く「大根もち」を作り、おやきにして食べました

 

 

 

 

【IWAD環境福祉専門学校】

オープンキャンパスの案内はこちら

お電話・FAXでのお問い合わせ

学校法人ひらた学園IWAD環境福祉リハビリ専門学校

〒732-0816 広島県広島市南区比治山本町14-22

フリーダイヤル
0120-39-5251
TEL
082-254-9000
FAX
082-254-9500

資料請求・体験入学のお申込み

カリキュラムや就職状況など、本校をより理解して頂くためにオープンキャンパスを開催しています。

参加ご希望の方は材料等、準備の都合がございますので事前にフリーダイヤル等にてお申し込みください。

オープンキャンパスの開催日以外にも随時学校見学をお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス