IWADブログ

みどりの環境学科・福祉療法学科の学生が卒業研究発表をしました。

投稿日: カテゴリー イベント

 

 24日(金)にみどりの環境学科・福祉療法学科の学生が、卒業研究発表会を行いました。
 それぞれが卒業研究のテーマを決めて、研究した内容を発表しました。2年間学習した成果を発表する場となります。実際の現地調査や栽培試験を行ない細かなデータ準備を進めてきた内容もあり、良い発表となりました。リハーサルの時にはどうなることかと思われていた発表ですが、何度も原稿やパワーポイントの手直し、発表の練習を行なった甲斐があって、講師の先生方から素晴らしい発表だったと評価を頂きました。
 終了後は、皆清々しい顔になっていました。
 また、1~2年生合同の意見交換会も行われ、来年度に向けて活発な話し合いが出来たようです。


第57回広島花の祭典に作品を出展します

投稿日: カテゴリー NEWS&TOPICS

2月24日(木)~3月1日(火)で「第57回 広島花の祭典」が開催されます。
学生が作品を出展します。
また、会場の各コーナーの設営には、学生が参加し、花き園芸業界の方達との作業を通じ、仕事の流れを学ぶよい機会となっています。

TSSスーパーニュースで園芸療法特集がテレビ放映されました

投稿日: カテゴリー NEWS&TOPICS

1月14日のTSSスーパーニュースで、園芸療法特集が放映されました。
本校の授業風景や医療法人せのがわ 瀬野川病院様へ就職した伊藤文雄さん、平田典子さん、友森純司さんの3名の卒業生の活躍が紹介されました。
園芸療法のパイオニアとして頑張っている卒業生は本校の誇りです。
約8分間でしたが、園芸療法士としての仕事がわかりやすい内容でした。

農場で収穫した七草たっぷりのお粥を食べました。

投稿日: カテゴリー イベント

 

 日本では1月7日に七草粥を食べる風習があります。芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)蘿蔔(すずしろ)の7種の野菜を刻んで入れたかゆを七種がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べます。呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあります。



 IWAD環境福祉専門学校では、日本の伝統的な行事を行い、文化を学んでいます。


 農業ビジネスコースの1・2年生が伴農場、せの農場で収穫した七草をふんだんに使って調理しました。学生たちは新年の無病息災を願い、おいしく頂きました。


お正月の飾りつけを行いました。

投稿日: カテゴリー 造園

 

 みどりの環境学科の1・2年生が、お正月ディスプレイを行いました。クリスマスデコレーションの撤去作業と同時進行で、忙しい1日となりましたが、皆の頑張りでスムーズに終える事ができました。瀬野農場のハボタンをメインに門松~寄せ植えを作製して新春ムードに衣替えとなりました。お近くに来られた時はぜひご覧下さい。


PAGETOP