IWADブログ

七夕の飾り付けをしました

投稿日: カテゴリー イベント

学生が「試験に合格しますように」、「就職試験に合格しますように」など、それぞれの願いを短冊に書いて七夕の飾り付けを行いました。
「たなばた」はなぜ七夕と書くのかという質問がでました。そこで調べたところ、古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や棚幡と書いたそうです。そもそも七夕とはお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったともいわれるようになったそうです。
ともあれ、学生みんなの願いが叶いますように!!

田頭先生が表彰されました

投稿日: カテゴリー 農園芸生産

田頭農場長が町内の防犯部長、地域安全促進員を担い、地域の安全を積極的に推進した功績が評価され表彰されました。忙しい中に地域貢献される姿勢は学生の良い模範となっています。先生おめでとうございます。

「NPO自然環境復元協会」のホームページに本校が掲載されました

投稿日: カテゴリー NEWS&TOPICS

世界環境DAYの6月5日(土曜日)に江田島市古鷹山で行った「フィールドワーク」の校外研修が「NPO自然環境復元協会」のホームページに掲載されまし た。環境再生医である先生方の指導で外来種の除去作業、生物観察、水生生物の同定についての研修、フィールド体験などの様子が紹介されています。

芋ほり交流会

投稿日: カテゴリー 園芸療法

6月10日、伴農場で〝おりづる共同作業所〟の仲間たちと
毎年恒例の「芋ほり交流会」を開きました。
今回は園芸療法コース1・2年が、おりづる共同作業所で
実施する本年度第一回目の実技演習でもあり、同コース
2年生の藤井和樹君がリーダーとなってイベントの企画、準備、
実行を担当。好天に恵まれ、真夏のような暑さの中、園芸療法
協会や国野先生、田頭先生、中本先生の
サポートを得て、リーダー以下、13人の学生たちは汗だくで
農場を駆け回りました。
芋ほり交流会のお楽しみといえば、収穫したじゃがいもの
試食会ですが、堀りたてをふかして食べる美味しさには、
お招きした作業所の仲間たち19人も大喜び。参加者の笑顔の
絶えない楽しい実技演習の一日となりました。
大役をこなした藤井リーダーご苦労さま!

ひろしまウォークラリー大会に参加しました

投稿日: カテゴリー 介護福祉

 レクリエーション・インストラクター養成講座の行事としてひろしまウォークラリー大会に、レクリエーションの授業を受講している1年生が参加しました。
 絶好の行楽日和の中、広島市三篠公民館をスタート&ゴールにし、7.1kmのコースをチームごとに問題を解きながら完歩しました。
 残念ながら入賞は果たせませんでしたが、いい汗をかきました。お疲れ様でした!

PAGETOP