IWADブログ

園芸療法学会長野大会に参加

投稿日: カテゴリー 園芸療法

 第4回日本園芸療法学会長野大会が10月29日、30日の両日、信州大学農学部で開かれました。「医療・福祉現場における園芸療法」というテーマの大会には本校から平田校長、国野総学科長、中本先生が参加しました。
 

 研究発表では、国野総学科長が園芸療法普及活動の一案「屋内での実施」の利点と移動式レイズドベッドに求められる機能について説明しました。 


 近年、障がい者や高齢者のための各種福祉サービスは、交通や生活に便利な都市部に集中する傾向にあります。しかし、都市部では園芸療法を実施するような野外スペースに恵まれていません。そこで、屋内でも利用できる移動式レイズドベッドの出番となるわけです。今後、このレイズドベッドの良さが認められれば、園芸療法の普及が期待できます。


 


 学会は、全国各地に就職した卒業生たちと再会し、園芸療法の情報交換をする場となりました。頑張っている元気な卒業生たちとは、来年の学会で会うことになります。


 2013年の第6回園芸療法学会は広島で開催予定。中心となる本校は、より良い大会にするように準備を始めています。


瀬野農場のトルコキキョウ

投稿日: カテゴリー 農園芸生産

 抱えきれないくらいの花束を 透明ガラスの花瓶に無造作に挿しただけで 華やかで、しかも上品な空間が広がります。


 
 瀬野農場で栽培されたトルコキキョウです。ピンク、白、薄紫、濃い紫のグラデーション…。あなたはどの色がお好きですか?


ネイチャーゲームin比治山

投稿日: カテゴリー イベント

 自然環境再生コースの特別体験入学として11月19日にネイチャーゲームを行います。秋の比治山公園で自然の美しさ、面白さをネイチャーゲームを通して体験してみませんか? 講師は広島県ネイチャーゲーム協会理事で本校講師の秋山浩三先生。秋山先生ならではの自然の楽しみ方を体験できます。

興味のある方は電話0120-39-5251までお問い合わせ下さい。


専門認定登録園芸療法士教育機関に認定されました

投稿日: カテゴリー NEWS&TOPICS

日本園芸療法学会 認定登録園芸療法士教育機関である本校が、この度、最上位級である専門認定登録園芸療法士教育機関に認定されました。

現在、認定機関は東京農業大学と本校の2校のみ。

今までの実績を高く評価して頂いた結果だと考えております。

この期待に応えられるよう園芸療法士の育成に尽力していきます。

マリーゴールドと玉ねぎで染色

投稿日: カテゴリー 園芸療法

 園芸療法コース1年の学生たちが、伴農場で育てたマリーゴールドと玉ねぎを使ってハンカチなどを染めました。同じマリーゴールドや玉ねぎでも媒染液によって色合いが微妙に違います。また、ビー玉をくるんでみたり、縛り方を工夫してみたりすると、予想もしなかった仕上がりとなります。

 


 自分たちが種まきをし、育てた花や野菜を使って染色する-という一連の作業が、園芸療法のひとつの形になっているのです。デイサービスの利用者と一緒に作業する場合、手指の運動を促し、創造性を高めるとともに、出来上がった作品が驚きと感動を与えてくれます。それが自然な形でリハビリになっていきます。
 
園芸療法コースの学生たちは、こうした「園芸療法の意義」を実習やイベントの経験を通して学んでいます。


PAGETOP