IWADブログ

フィールド調査を行いました

投稿日: カテゴリー 自然環境再生

自然環境再生コース2年生が11日、東広島市河内町入野で「フィールド調査」を行いました。


学生たちは、図鑑を片手に、樹木及び雑草などの群落調査をしました。「ギンリョウソウ」などの花を観察したり、トンボを捕まえてみたりの悪戦苦闘です。指導する講師の秋山浩三先生は、「疲れたぁ!」と笑っていましたが、学生たちは全くの疲れ知らず。生き生きした表情で調査を続けました。

 次週は水系の調査も加わる予定で、学生たちの世界が広がります。さらに新しい発見があることでしょう。


「ひろしま夢ぷらざ」を見学

投稿日: カテゴリー 農園芸生産

 農林産物マーケティング論の講義で8日、広島市本通にある市町村情報センター「ひろしま夢ぷらざ」を見学しました。13年前にオープンした店舗は、広島県内の農産物、農産加工品などが集まり、年間5億円以上を売り上げ、年中お客さんでにぎわっています。
 学生が専門指導員の大下治明さんから説明を聞きました。「日本の経済がどうなっているのか、日ごろからニュースに関心を持ちなさい」「モットーは親切、丁寧、正直」など、マーケティングの真髄に迫る多くのことを教えていただきました。ありがとうございました。

ハンギングバスケット&コンテナガーデン

投稿日: カテゴリー フラワー

 ひろしまフラワーフェスティバル開催中の平和記念公園で3日、今年初めて「ハンギングバスケット」「コンテナガーデン」のコンテストがあり、本校の学生や講師も出展しました。
 
国内外からの観光客も多く、日頃学んでいる技術を形にして多くの方々に見ていただく良い機会となりました。草花を生活の中に溶け込ませるデザインは、さすがにプロの技。これからもチャンスがあれば、どんどんチャレンジしましょう!


広島市植物公園「さくらまつり」

投稿日: カテゴリー イベント

 広島市植物公園のさくらまつりで4月28、29日の両日、IWADのブースが出されました。1年生は入学後初めて参加するイベントですが、先輩の自覚を持って2年生がしっかり指導していました。
 
ブースでは「バーク」にドライフラワーを貼り付けたり、母の日用にカーネーションの花束を作ったりと、楽しめるプログラムを用意しました。幼児が一生懸命作っていると、「僕もやってみる!」と、お父さんも張り切って参加するシーンも。家族連れなどにとっては、ゴールデンウイークの和やかな一日になったようです。

ひろしまFFのシンボル「花の塔」

投稿日: カテゴリー イベント

 2012ひろしまフラワーフェスティバルのシンボル「花の塔」が2日、みどりの環境学科、農園芸学科、福祉療法学科の学生達が協力によって制作されました。
 
今年で36回目になるフラワーフェスティバルのテーマは「笑顔咲く 未来を照らす 希望の花」。多くの来場者に元気と平和を発信し、楽しんでもらいたいという願いを込めて作りました。ペチュニア、パンジーなど約8千鉢の花をトラックから降ろして水やり、花がら摘みを行い、命綱を付けた造園コースの学生達が塔に登り、一鉢一鉢飾り付けました。完成した時の喜びと達成感はひとしおで、全員で万歳~!!をしました。

PAGETOP