HOME > 学科紹介 > 園芸療法コース

学科紹介/園芸療法コース

園芸療法士として活躍してみませんか?

アメリカでは正式な学位として認められている領域「園芸療法士」。

本校は、日本で初めて、学校として園芸療法をコースに取り入れ(平成11年10月より)、これまで多くの園芸療法士を育成してまいりました。

植物など自然界とのふれあいは、癒し(ヒーリング)や治療(セラピー)の効果をわれわれにもたらしてくれます。

園芸療法は、そうした園芸やガーデニングが及ぼす精神的、身体的な効果を利用した治療やリハビリ、職業訓練のひとつとして、いま医学的に注目を浴びているのです。

一方で高齢化に伴い、生きがいや楽しみ、人とのコミュニケーションや身体機能の維持などを目的として、園芸作業を取り入れる社会福祉施設・社会復帰施設・精神病院・ ホスピスが増えているのも現状です。

このコースでは園芸を用いた療法の技能や活動について学び、園芸療法士としての就職を目的としています。

IWADは、日本園芸療法学会カリキュラム認定校です

現在国内では、日本園芸療法学会より専門認定登録園芸療法士の教育機関として認定を受けている学校は2校しかありません。

認定校・・・東京農業大学/IWAD環境福祉専門学校 園芸療法コース

第6回日本園芸療法学会 広島大会

2013 年度の、日本園芸療法学会は広島にて開催されました。

本校講師をはじめ、園芸療法士として現場で活躍している卒業生たちの発表もありました。

詳しくはこちら

目指す資格

  • 1級・2級園芸療法士
  • ケアリングクラウン3級
  • 認定登録園芸療法士
  • 情報処理検定2・3級
  • グリーンアドバイザー
  • 介護職員実務者研修修了
  • グリーンマスター
  • 専門士
  • ハーブ検定1級・2級
  • レクリエーション資格
  • ハーブセラピスト

カリキュラム

1年次

  1. ワークガイダンス
  2. 園芸療法概論
  3. 園芸療法手法
  4. 人間植物関係学
  5. 植物学
  6. ガーデニング概論
  7. 療法用植物の栽培
  8. 植物活用法
  9. ハーブ・アロマセラピー
  10. 草花・ハーブ・野菜・花木の育て方
  11. カウンセリング概論
  12. 発達と老化
  13. 認知症の理解
  14. 生活支援論
  15. レクリエーション活動援助法Ⅰ
  16. ケアリングクラウンコミュニケーション
  17. 園芸療法実習Ⅰ

2年次

  1. ワークガイダンス
  2. 園芸療法プログラム
  3. 療法の場の設計・施工
  4. 作品制作
  5. 医療の基礎知識
  6. 障害の理解
  7. 作業療法概論
  8. 社会福祉学
  9. レクリエーション活動援助法Ⅱ
  10. 社会福祉経営論
  11. 園芸療法実習Ⅱ・Ⅲ

学生参加イベント

恒例行事である、おりづる作業所とのいもほり交流会では、おりづる作業所の皆さんとともに楽しみ、先の園芸療法実技演習に繋げてゆきます。

また、在学中に、多くのイベントやボランティア活動にも参加し、園芸療法の実践、人との接し方などを習得します。

授業の様子

在校生&卒業生の声

在校生山田祐人2015年入学
山田祐人
園芸療法を通じて介護施設に貢献したい
介護施設で園芸療法をやってみたいと感じ、園芸療法コースへ入学しました。現在では様々な施設(障害者施設、作業所、特養、デイサービス)へ演習に行き、その中で自分自身がリーダーになって園芸療法のプログラムをしています。実際の施設で園芸療法をするという経験の中で、自分の将来の夢である、介護施設での園芸療法をするという夢に役立てていきたいと思います。
卒業生織田裕美2003年卒業
小田裕美
植物を育てることを通して笑顔の花を咲かせてみませんか?
これまでに数多くのIWADの卒業生が園芸療法の分野で活躍し実績を残しています。IWADでは、実践ですぐに生かすことができる内容の授業がたくさんあります。社会人になってから行き詰まることもありましたが、学校の先生方のサポートもあり楽しく仕事を続けられています。植物を育てることを通して笑顔の花を咲かせてみませんか?
勤務先:社会福祉法人あと会
取得資格:農業改良普及員、高校教員第1種免許(理科・農業)、室内園芸装飾技能士3級、グリーンアドバイザー、専門認定登録園芸療法士(学会認定)、日本園芸療法学会会員、人間・植物関係学会会員
PAGETOP