第五回 日本園芸療法学会 岐阜大会2012年10月20~21日

投稿日: カテゴリー 学会発表

– 岐阜市 じゅうろくプラザ2Fホール –

第五回日本園芸療法学会岐阜大会が、じゅうろくプラザ2Fにて開かれました。

大会テーマは「日本の園芸療法とこれから」です。

IWAD環境福祉専門学校からは平田冨美子理事長 学校長、中村安行副校長、国野友子学科長、中本恵美子先生、大坪勢津子先生、吉田光宏講師、織田裕美講師、卒業生の渡部徳代さん、是高裕美子さん、岡田典子さん、学生の山田勝さんが参加しました。

また、同じく本校卒業生の藤井和樹さんも、就職先の医療法人白水会白川病院より参加しました。

 

第五回 日本園芸療法学会 岐阜大会

001
 
002
 
 
 
 
 
 
 
 
 
003004
 

学会口述発表

テーマ1「園芸療法普及活動の一案 その2ひろしま式レイズドベッドの試験使用」
国野友子・平田冨美子・織田裕美 (IWAD環境福祉専門学校、社会福祉法人あと会)
テーマ2「園芸作業を通して~花に触れて笑顔を取り戻す~」
織田裕美・金行尉人・鈴政依子 (社会福祉法人あと会 老人保健施設りはくにくさリハビリ課)
テーマ3「有料老人ホームでの実践報告~事例2:アルツハイマー型認知症~」
岡田典子 (介護付有料老人ホームメリィハウス西風新都 リハビリテーション部)

学会ポスター発表

テーマ1「園芸療法展開の第一歩としての花壇作り(広島大学付属病院「憩いの森」にて)
大坪勢津子・平田冨美子・国野友子・中根直哉(IWAD環境福祉専門学校、広島大学病院リハビリテーション部)